社会福祉法人 はぐくむ会|埼玉(寄居・深谷)の障害福祉・老人ホーム・デイサービス

埼玉県北部(寄居・深谷)の障害福祉サービス、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム

生活介護事業 第二はぐくみ園

第二はぐくみ園「働く、創る、遊ぶ。みなさんの「やりたい!」を大切に。笑顔が色とりどりに花開く場所です。」
ニカっと笑顔の利用者さん

日当りのよい里山の風景の中、当園はささやかにたたずんでいます。ここは、障害のある方が平日の日中を過ごす場所です。
一見静かそうな園ですが、中に入ってみると別世界のように感じることでしょう。
利用者様それぞれの楽しい雰囲気が、目がくらむほど鮮やかに室内に充満しています。


優しい笑顔の利用者さん

このようにのびのびと過ごす事ができる秘訣は、モットーとしている2つのこと。どんなに重い障害があっても、様々な形での「社会参加」を実現し、活躍できるようにしていることと、一人一人の個性、強みに着目し、持っている力を最大限に発揮できるように「個別支援」をしていることです。
すべての利用者様に価値ある一日を過ごしていただくために・・・職員は、一人一人について深く知るところから始め、利用者様のペースにゆっくりと合わせながら、少しずつ新しい価値を作っていきます。


活動内容例

作業で生活にメリハリを

ボールペン組み立てをする利用者さん

利用者様の中には、生活パターンをきちんと決めることで安心できる方も多いため、一日の中に決められた作業の時間を設けています。一人一人の個性に合わせ、手先の器用さや性格などに合わせて、一番活躍できるものをおまかせします。さらに、利用者様の働きが少しでも社会の役に立ち、さらに自分の力でお金を稼ぐ経験となるように試行錯誤しています。みんなで稼いだお金で初めてのお買い物に出かけたり、楽しい経験を増やしていくことが目標です。


町のリサイクル隊

ボールペン組み立てをする利用者さん

活発な利用者様向けに、町へ出かけてリサイクル資源を回収し、業者に売却するお仕事も。 ドラッグストアやスーパーマーケットで出るダンボールや空き缶など、自らの足で町を巡り、集めていきます。 クリーンアップや地域児童の通学の見守りなど、町に出て行く仕事は他にもあるのですが、そこには、「閉じこもることなく、町の皆に対してどんどん存在をアピールしていきたい」という職員の願いがこめられています。


動きを生み出すマッサージ

スタッフと一緒に歩行の練習をしようとしている利用者さん

体の障害が重い方に対しては、特別なプログラムをご提供しています。
専門家の指導を受けて作成した、園の職員でもできるマッサージやストレッチのプログラムになっています。例えば、固まってしまった腕をやわらかく、もっと自由に活動できるように。毎日コツコツと積み重ねです。


白熱の音楽セッション

セッションで使う楽器

お仕事だけではなく、週に1,2回、趣味の時間を取るようにしています。例えば、音楽が好きな利用者様が集まって、それぞれ楽器を手にセッションを繰り広げることも。決まりはなく、ご自分の表現したいそのままのフレーズやリズムを大切にしています。ソロの部分が回ってくることを、そわそわしながら待っています。


1日の流れ

第二はぐくみ園の一日の流れ

  

施設概要

施設名

第二はぐくみ園

施設長

根岸瑞栄

住所

〒369-1205 埼玉県大里郡寄居町末野509

TEL

048-580-2211

FAX

048-580-2212

定員

20名

メールアドレス

dai2hagukumienlove@hagukumien.or.jp

アクセス

ご利用ガイド

048-580-2211
(平日9:00〜17:00)
ご利用・見学のお問い合わせは、お気軽にお電話ください!

ご利用状況

  • ただいま登録されている情報はありません。

採用情報

ただいま登録されている情報はありません。

お知らせ

最新の日記

読み込み中

お問い合わせ

048-580-2211
(平日9:00〜17:00)
ご利用・見学のお問い合わせは、お気軽にお電話ください!